スタッフ紹介

スタッフ紹介

研究員 黒川久生

経歴

1985年 3月  甲南大学法学部卒業
1999年 3月  和歌山大学大学院 経済学研究科 経営学専攻 修士課程修了(修士)
2014年 5月  特定非営利活動法人事業継続推進機構 事業継続主任管理者認定
1985年、紀陽銀行入行。営業店勤務を経て、広告代理店の株式会社博報堂で1年間研修。その後、紀陽銀行にてマーケティング部をはじめ営業企画部、経営企画部等の本部企画セクションを歴任。他社との共同プロジェクトによるデータベースマーケティングシステム等の商品化にも成功。和歌山大学大学院で経営学専攻の修士を修了後、和歌山県のシンクタンクである和歌山社会経済研究所への出向を経て、紀陽銀行のコンサルティング部門である紀陽リース・キャピタル株式会社コンサルティング事業部においてパートナー&マネージングディレクターとして、企業や団体等へのコンサルティングを中心に業務を展開している。

活動実績

◆コンサルティング等の実績

  • 「経営戦略立案に関するコンサルティング」(製造業、食品加工業、小売チェーン等多数あり)
  • 「中小企業中核人材導入支援事業」(製造業、サービス業、食品加工業等多数あり)
  • 「事業継続計画(BCP)策定およびBCP模擬訓練実施支援」(建設業、製造業、警備・メンテナンス業、産業廃棄物処理業・流通業、サービス業)
  • 「経営課題全般に関するコンサルティング」(外食産業)
  • 「人事制度構築および運用支援」(製造業)
  • 「ネット販売支援」(水産加工業)
  • 「店舗移転プロジェクトに関するコンサルティング」(自動車販売業)
  • 「高機能性食品開発プロジェクト」(食品加工業)
  • 「市町村合併に関するコンサルティング」(自治体)        等多数あり

◆調査・研究等の実績

  • 「第10回国際合気道大会実施に関する経済波及効果推計調査」
  • 「ボウリングマーケットの分析に関する調査」
  • 「水質検査マーケットに関する調査」
  • 「新商品に関する消費者意向調査」        等多数あり

◆執筆論文・記事等

  • 「和歌山の強みを活かした、農水産業と観光産業のイノベーションとコラボレーションによる活性化」
    (和歌山社会経済研究所「21世紀わかやま」Vol67、同研究所30周年記念懸賞論文優秀賞受賞)
  • 「世界遺産サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路視察調査報告」(同Vol39)
  • 「農のある宿舎『秋津野ガルテン』を核とした地域活性化」(全国地方銀行協会「地銀協月報」2010・9)
  • 「平成16年観光客増加実績による経済波及効果推計調査報告」(紀陽銀行「経済季報」No409)
  • 「世界遺産登録による県勢活性化調査」(共著、和歌山社会経済研究所HP)
  • 「公共サービスの民営化に関する一考察」(同HP)
  • 「先進の成熟都市モデルとしての和歌山市」(和歌山グランドデザイン提言論文佳作受賞)

◆主な講義・講演テーマ

  • 事業継続計画(BCP)と模擬訓練
  • 地域経済動向
  • 地域の活性化(観光、6次産業化)
  • 世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」と「サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路」