ごあいさつ

弊社は、紀陽銀行を母体として1996年(平成8年)にリース業務を主要業務とした紀陽リース株式会社として設立いたしました。

2000年(平成12年)、従来のリース業務に加え投資・コンサルティング業務を主要業務とした紀陽キャピタル株式会社と合併しその事業範囲を拡大するとともに、併せて紀陽リース・キャピタル株式会社と社名変更いたしました。

その後、2021年(令和3年)に、投資・コンサルティング業務を、紀陽フィナンシャルグループの紀陽キャピタルマネジメント株式会社へ移管し、リース事業会社へと改組しました。

私どもが常に考えていることは、地域の皆様に満足頂くために、お客様と同じ目線に立ち、強く地域やお客様とのつながりを意識することであり、時代の変化に臨機応変に対応しながらお客様のニーズにお応えして現在に至っております。

昨今、企業を取り巻く課題は、経済のグローバル化、情報技術の急速な発達、少子高齢化の進展、またエネルギー問題等々が絡まり複雑かつ多様化してきております。

われわれは少しでもその課題解決に向けたお手伝いができるように紀陽フィナンシャルグループの一員として母体行である紀陽銀行とより密接に連携しながら、強い提案力を通じて信頼される組織として地域の皆様からご支持頂けるよう業務に取り組んで参ります。