リースのメリット

リースのメリット

 

リースは、技術革新に対応した
最新の設備機器を

スピーディーに導入する場合に、

特に大きなメリットになります。

 

資金を効率的に運用できます。

設備機器導入に際しては多額の資金がかかります。こんなとき、リースをご利用いただくと月々一定のリース料ですみ、キャッシュフロー経営に適していますので資金調達の手間が省けるとともに、資金繰りにゆとりがもてます。お手元の資金は利益獲得にダイレクト活用できます。

タイムリーな設備機器の導入ができます。

設備機器の導入は、償却の面からも最新機種の購入がむずかしいもの。しかし、リースなら適切なリース期間を設定することにより、タイミングよく設備の更新ができ、陳腐化を防ぐことができます。しかも、リースのお申し込み、契約の手続きはとても簡単。(ご契約のフローをご覧ください)

他にも、こんなに多彩なメリットが

経理の強い味方になります。

リースは法定耐用年数より短くリース期間を設定することができます。リース期間中にお支払いいただくリース料は経費として処理することがきますので、使用期間に見合った合理的な収益と費用の対応を図ることができます。

コスト管理もラクラク。

リース料は月々一定額ですので、リース期間中、コストを容易に把握することができます。このため事務もスピードアップし、また新たな設備投資計画も立てやすくなります。

めんどうな事務処理も不要です。

リースをご利用いただきますと、設備の購入にともなう減価償却費の計算、固定資産税の申告納付手続き、保険料の支払いなど煩雑な事務処理が不要になります。

リース会計基準変更後も、企業の皆様の多くは、これまでどおり、リースのメリット・利便性を活用できます。

>ご契約のフロー